Oさんハテナ

デリケートゾーンのケアをしたい!
でも、まんこの構造ってよくわかんないかも・・・・。
見たことないし。

大切なところなのに見る機会もあまりなく、知る機会もあまりないデリケートゾーン。
ちゃんとケアするためには構造くらい知っておかなきゃね!

ってことで、デリケートゾーンの構造を図付きでご説明します。

ってわけで、こちら!
ズバッと出ますから、周りから画面を見られていないかご注意ください。

デリケートゾーンの構造


あまりダイレクトに見ないものなので、ちょっとびっくりしますね。
では、見ていきましょう!

  • 恥丘(ちきゅう)
  • 別名、ヴィーナスの丘。立った時に前から見て見える場所です。
    触るとわかるのですが、骨があります。この骨は恥骨です。
    思春期になると皮下脂肪が増えて盛り上がります。

  • 大陰唇(だいいんしん)
  • 恥丘から続いている、割れ目の周りのふくらみ部分です。
    思春期を過ぎた頃から色素が蓄積してきます。

  • 小陰唇(しょういんしん)
  • いわゆるビラビラってやつですね。
    大陰唇の内側にある、皮膚のヒダです。
    思春期を過ぎた頃から大きくなって赤黒くなってきます。

  • 陰核(いんかく)
  • クリトリスです。
    女性器の上部の、小さな突起物。包皮に包まれています。
    陰部神経終末が高密度であって、敏感な性感帯部分。
    気持ちいいところですね。

  • 膣(ちつ)
  • 赤ちゃんが出てきたり、生理の時の血が出てきたり、性行為の時に男性器が入るところです。
    7cmほどの管状になっています。

まとめ。さあ、見てみよう!!

さあ、どうでしたか?
あなたも自分のデリケートゾーンを見てみてくださいね!

気にしたことなかった人も多いんじゃないかな〜と思います。
大事なところなので、ガン見で見ましょう!!
初めは「うわ〜・・・」って思うけどだんだん「こんなもんかな・・・」ってなります。

思ったより気持ち悪かったり、可愛くなかったり、黒かったり、毛がこんなところにも生えてたりします。
私はびっくりしましたよ。
でも、こんなもんです。

外見に個人差があるように、デリケートゾーンも人それぞれ。
(他人のを見る機会がないのですが・・・。)
あなたのデリケートゾーン、大切にしてあげてくださいね!

OさんOK

へー、こーなってるのか。
確かに見たことないかも。色とか毛とか気になる〜。
見て見よーっと!